20201010

 

盒桐美・瀧島里美 果てのない気配

 

 

 

 

盒桐美「跡の大地」

 

 

 

 

 

瀧島里美「葬られた記憶は今も」

 

 

 

 

 

今日やっと理美さんと里美さんふたり揃いました

ということで 栗フェスティバルです

 

 

それぞれの世界観があって

組み合わせぴったりの2人展ですね、という

感想もいただきました

 

2人とも1月のスクエア展にも参加します

 

 

来週は鍵井保秀展です

展示空間がBarになりました

 

 

 

 

 

20201009

 

 

応接室には過去の作品を展示しています

 

 

 

瀧島里美「夕暮れ」

実際に見ると もっと黄金色の光を感じます

 

 

 

 

盒桐美「星の留まるところ」

お星さまが ちょっと木にとまって ひとやすみ

 

 

 

 

20201007

 

 

展示している作品を ちらっとご紹介いたします

 

 

盒桐美「月夜に告ぐ」 

アクリル、キャンバス 333×242mm

 

 

 

 

 

 

 

瀧島里美「意識・無意識をめぐる、私はそれ、そこに」

油彩、キャンバス 333×190mm

 

 

 

 

 

20201005

 

盒桐美・瀧島里美 果てのない気配

 

ここではないどこか、を描いている二人

 

 

 

壁面を2つに分けて展示しています

 

 

盒桐美さん

 

(部分)

 

 

 

瀧島里美さん

 

(部分)

 

 

 

作家ふたりが揃うのは土曜日です

 

皆様のご来廊をお待ちしております

 

 

 

 

 

20201003

 

 

谷口靖展 最終日

 

 

 

谷口さんは 2021年1月のスクエア展で

また新作を見せてくださいます

どうぞおたのしみに

 

 

吉野辰海さんの唐辛子 まだございます

ほしい方はお声かけくださいませ

 

 

来週は、盒桐美さんと瀧島里美さんの2人展です

タイトルは「果てのない気配」

高橋さんはアクリル絵画8点、瀧島さんはドローイングと油彩9点を

展示いたします

 

盒兇気鵑呂仕事であす山形に戻って

最終日にまた来てくれます

 

 

 

 

 

20201002

 

今回は「さざ波」シリーズを展示していますが

応接室に1点、「Miami」を展示しています

爽やかなマイアミの空

 

 

吉野辰海さん「今日はあついからビールがうまいなー」

 

 

吉野さんの新作 その

唐辛子

 

 

どちらが本物でしょう

 

吉野さんの新作 その

いちじく

つぶれないように 手作りの箱に入れてきてくださいました

 

 

吉野農園 豊作の秋

 

 

20200930

 

 

 

入口にミニ作品集もございますので

ぜひ手に取ってご覧くださいませ

 

 

 

具体的に、どこそこの海や湖に見える、と

それぞれの記憶の中の風景と重ねてご覧になる方もいます

 

 

「さざ波」アクリル、カンヴァス 330×240mm

 

 

 

20200928

 

谷口靖展スタート

今回は「さざ波」シリーズを展示しています

 

穏やかな光のゆらぎと風を

感じにいらしてくださいませ

 

 

北九州銘菓

湖月堂の「ぎおん太鼓」と「栗饅頭」

福岡の人なら「湖月堂の〜栗饅頭〜」の

CMソングを歌えるはずです

 

 

20200926

 

 

宮崎光二展「反-考古学」 最終日

 

 

吉野辰海氏も駆けつけてくださいました

 

宮崎氏はまた来年夏、福井チームのグループ展

Fusion +PLUS展で新作を見せてくださいます

 

 

 

吉野さんは、市原湖畔美術館で開催中の

田中信太郎展にでかけた帰りにいらしてくださいました

 

 

田中信太郎展のカタログに寄稿なさっています

タイトルは ポンコツ「ルノー」

 

 

そのルノーの写真もカタログに載っています

 

 

 

来週は谷口靖展です

 

きょう福岡からいらしてくださいました

来週ずっと東京に滞在してくださいます

 

今回は作風ががらっと変化しました

「さざ波」シリーズを展示いたします

皆様のご来廊をお待ちしております

 

 

 

20200924

 

応接室の手前に展示している作品

「BLUE 風倉さんへの極私的オマージュ」

 

風倉匠さんへのオマージュ作品です

写真ではわかりませんが

美しいハート型と 深いブルーの作品です

近づいてご覧くださいませ

 

宮崎氏は、風倉匠さんの鋳造作品のお手伝いをしたことがあるそうです

 

 

「反-考古学」部分

 

 

 

CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
PROFILE
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.